スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リクナビとマイナビの違いって何?』迷える就活生のための就活サイト徹底比較 特徴・評判まとめ

リクナビ、マイナビの評判の違いって?

★2017年卒向けの関連記事はこちら★
≪2017卒向け就活サイト比較≫就職・インターンシップサイトがグランドオープン!
2017卒就活解禁!リクナビ2017が掲載企業数倍増で就活ナビの王座奪還。恒例のサーバダウンも回避。

2013年12月1日午前零時に2015卒向け就職活動が解禁となり、
今年もリクナビ、マイナビなど主要サイトが敢え無くダウン。
就活が本格的にスタートとなりました。
就活に臨む2015年卒業予定の就活生の皆さんは期待や不安が入り混じった
心境なのではないでしょうか。

就職活動はじめの一歩となる「就活サイトへの会員登録」ですが、
近年は様々な就職情報サイトが登場しており、

「どの就職サイトに登録すればいいのか」

就活生をいきなり惑わせる一因にもなっています。

ちなみにリクナビとマイナビはまったく別会社が運営するサービスで、
(リクナビはリクルート、マイナビは株式会社マイナビが運営)
掲載されている求人企業もやや異なります。
リクナビ、マイナビといった大手就活サイトの名前は聞いたことが
あるかもしれませんが、就職情報サイトはそのほかにも主なものだけで
数十サイトにものぼります。

「評判がいい、おススメの就活サイトは?」

「リクナビとマイナビの違いってなに?」

「一つのサイトに登録するだけで大丈夫?」

といった疑問・不安を抱く就活生は少なくありません。
そこで今回は、どの就活サイトに登録したらいいのかわからない
迷える就活生のために主要就活サイトの特徴、評判を比較・解説します。
このまとめを参考にして、自分に合った就職サイトを見つけてください。




まずそれぞれのサイトの特徴を見る前に就活サイトを選ぶ際の注意点をお話しします。
就活サイトにはそれぞれ特徴があります。例えば、「大手企業がたくさん掲載されている」
「イベントが豊富」「特定業界に強い」「口コミ掲示板が充実している」などなど。
それゆえ、すべての学生にとってベストな就活サイトなど存在しません。
自分がどんな情報を得たいのか、どのように就活を進めたいのかによって、
お勧めの就活サイトは変わって来るのです。もし、自分の志望業界が決まっていたり
属性(理系、体育会系)などが明らかな場合は、そこにマッチした就活サイトを
選ぶのがいいかもしれません。




就活サイト比較&評価ポイントまとめ

■主要サイト
リクナビやマイナビといった大手サイトはとにかく掲載件数が多いのでとりあえず
登録しておいて損はないでしょう。エントリーはリクナビもしくはマイナビからしか
受け付けていないという企業も少なくないので、とりあえず大手2サイトには登録して
おくことをお勧めします。実際のところ、主要求人サイトにおいて機能の違いは
それほど大きくありません。使い分けのポイントとしては、

「志望する分野(業界、地域など)の求人情報が多く掲載されているか」
「参加したい合同イベントの情報があるか」
「利用したい便利な機能(スケジュール管理、業界ニュースなど)があるか」

という3点に集約されるかと思います。
掲載求人についてもう少しいえば、リクナビ、マイナビいずれかからしかエントリー
できないという企業も少なくないので、「どちらのサイトが自分の志望にマッチした
求人情報を多く掲載しているか」実際に使ってみて違いを確かめてみてください。


リクナビ2015
国内最大級&豊富な就活支援ツール

掲載企業および会員ともに最多、日本最大級の就職情報サイト。
これまで掲載社数はリクナビがトップだったのですが、
2015卒向けサイトのグランドオープン時点では、ついにマイナビが
リクナビの掲載件数抜きました。
今後も両社のデッドヒートは続くでしょう。
とはいえ、リクナビは大手企業から中小ベンチャーまであらゆる
企業をカバーし、就職活動におけるインフラ的存在となっており、
就職活動をはじめるにあたってまずは登録しておくべきサイトです。
近年は、就活生の行動をビッグデータ分析することでリコメンド機能の
精度が大幅に向上。企業探しのサポート機能や就活ノウハウ記事も充実。

【評価ポイント】
・掲載企業数、会員数はマイナビと並んで国内最大級
・自己分析ツールやリコメンド機能、WEB説明会など便利機能が充実
・業界や職種研究のための読み物も豊富
・留学生や海外大生向けなど特化したサービスも

企業数 :★★★★
便利機能:★★★★★
読み物 :★★★★
イベント:★★★★


マイナビ2015
2015卒向け就活サイトで掲載企業数No.1

2015年度はグランドオープン時の掲載企業数が10696社(2013年12月1日時点)となり、
リクナビ(9222社)を抜いて国内No.1に。会員数も含めて、リクナビとマイナビは
他のサイトとくらべると断トツなので、とりあえず登録するのであれば、この2サイトは
必須といえます。リクナビと比べると大手企業は少なく、やや中堅~ベンチャー企業の
比率が高い。地方エリアにも比較的強い。イベントも豊富で全国で開催予定。

【評価ポイント】
・マイナビ2015は掲載企業数No.1(2013年12月1日時点)
・エントリーシート添削講座など選考対策サービスが充実

企業数 :★★★★★
便利機能:★★★★
読み物 :★★★★
イベント:★★★★★


日経就職ナビ2015
日経新聞から提供される詳細な企業情報

日経新聞提供の業界ニュースや業界地図といった、企業研究をする上で役立つ
情報やツールが豊富。会員になれば無料で利用できます。
日経就職ナビもリクナビやマイナビにならぶ掲載企業数なのですが、
実際にエントリーできる企業はやや少なめです。メーカー、金融業界に強い。

【評価ポイント】
・企業研究のための情報・ツールが充実

企業数 :★★★★
便利機能:★★★★
読み物 :★★★
イベント:★★★


■業界、属性特化型サイト
各業界に特化したり、理系や体育会系といった学生の属性に特化したり、
口コミ掲示板やスカウトといった機能に特化した就活サイトです。
使い分けることで、より効率的かつ精度の高い就職活動ができるはずです。


エン・ジャパン
ベンチャー~中堅企業に特化

企業数 :★★★
便利機能:★★★
読み物 :★★★
イベント:★


ダイヤモンド就活ナビ
UIターン就職に強い。地方就職イベントも。

企業数 :★★★
便利機能:★★
読み物 :★★★
イベント:★★★


外資就活.COM
外資希望者は登録必須。金融、コンサルなどの情報を紹介

企業数 :★★★
便利機能:★★
読み物 :★★★★
イベント:★★


理系ナビ
理系に特化し、メーカーや金融専門職など紹介

企業数 :★★★
便利機能:★★
読み物 :★★★
イベント:★★★


アスリート就職ナビ
体育会系学生に特化。選考対策も充実。

企業数 :★★★
便利機能:★★★
読み物 :★★
イベント:★★★


マスナビ
マスコミ業界、クリエイティブ系職種に特化

企業数 :★★★★
便利機能:★★★
読み物 :★★★
イベント:★★


みん就(みんなの就職活動日記)
選考情報などの口コミをゲット

企業数 :★★★
便利機能:★★★★
読み物 :★★
イベント:★★


JOBRASS
エントリーシートを公開すると企業からオファーが

企業数 :★★★
便利機能:★★★★
読み物 :★★
イベント:★★



【評価項目について】
企業数 →掲載企業数。エントリー可能企業数も考慮。
便利機能→就活に役立つ各種機能、サービスの充実度。
読み物 →就活に役立つ読み物やコンテンツの充実度
イベント→イベントの開催件数


【関連記事】
・2016卒就活解禁!3/1にリクナビ、マイナビなど主要就活サイトグランドオープン
・ブラック企業の見分け方講座 ~新卒向け就職情報サイト編~

スポンサーサイト

テーマ : ■就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

マイナビがリクナビの掲載件数を抜いて国内No,1就活サイトに!

今年も12月1日に新卒採用情報が解禁となり、リクナビ、マイナビをはじめとした
主要就活サイトが一斉にグランドオープンとなり企業情報を公開しました。
今年も各サイトのオープン直後に就活生のアクセスが殺到。リクナビ、マイナビ
ともに未明頃からサーバダウンし、もはや恒例行事になりつつあります。


■グランドオープン時点(2013年12月1日)の掲載社数

リクナビ2015 9222社(昨年比126%/2014:7,333社) 
マイナビ2015 10696社(昨年比153%/2014:6,972社) 


今年のメイントピックは、マイナビがはじめてリクナビの掲載社数を上回ったこと。
2013年12月1日のグランドオープン時点で、リクナビの掲載社数が9222だったのに対し、
マイナビが10696社となり掲載件数No,1となりました。
マイナビはよほどうれしかったようで掲載企業数No1プレゼントキャンペーン
早速展開するなど、大盛り上がりのようです。
とはいえ、これまでトップに君臨してきたリクナビがこのまま大人しく引き下がるとは
おもえず、今後の巻き返しが予想されます。

さらに注目すべきは、両サイトとも今年は掲載社数を大幅に伸ばしているということ。
昨年グランドオープン時の掲載社数はともに7000社程度だったのですが、リクナビ、マイナビ
ともにそれぞれ約1900社、3700社も上乗せして来ています。
2015卒採用では企業の採用意欲は非常に高く、それが顕著に表れる結果となりました。
学生によると、初日からメールボックスに100通オーバーのWEB-DMがぶち込まれているようで
もうおなか一杯状態だそうです。ちなみにマイナビは250通オーバーだそうです。
とても読み切れませんね。

この状況から予想されるのは、今年は掲載企業にとって学生を集めることが非常に難しく
なるであろう
ということ。中堅以下の知名度のない企業は、リクナビマイナビに掲載した
だけではおそらく期待した応募者を集めることは難しく、かといってダイレクトメールなどの
追加施策を打っても例年ほど効果を期待できないでしょう。

学生にとっては吉報ですが、採用企業にとっては頭の痛い就活スタートとなりました。
リクナビとマイナビの熾烈な競争とともに推移を見守りたいと思います。

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

エン・ジャパンの就職情報サイト「[en]学生の就職情報」が運営終了

本日衝撃のニュースが飛び込んできました。
エン・ジャパンが運営している新卒向け就職情報サイト「[en]学生の就職情報」が
2015年3月31日付で運営終了となることが明らかになりました。

「[en]学生の就職情報」といえば、新卒情報サイトの中でも「中堅・ベンチャーに強い」という
ポジショニングで、就活サイト全体でもリクナビ、マイナビに次ぐ3位の規模だったのですが、
近年は学生の大手志向の復活や、SNSの就活利用による就活サイト自体の存在感の低下といった
市況の変化により「[en]学生の就職情報」の掲載企業数は近年減少傾向にありました。
特別損失3億6000万円とのことで、近年はかなり苦しい戦いを強いられていたと察します。

エン・ジャパンは就活サイトの運営からは手を引くものの、ネオキャリアと業務提携して
新卒紹介事業などで新卒採用ビジネスにはかかわっていくとのこと。

就職活動の手法が多様化する昨今。今後も就職関連ビジネスの競争環境はより厳しく
なっていくのではないでしょうか。

【関連記事】
『リクナビとマイナビの違いって何?』迷える就活生のための就活サイト徹底比較 特徴・評判まとめ
『人事担当者が転職サイトを選ぶポイント』 ~マイナビ転職・エンジャパン編

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

2016卒就活解禁!3/1にリクナビ、マイナビなど主要就活サイトグランドオープン

採用情報・エントリー受付の解禁が例年より3か月後ろ倒しの
スケジュールとなった2016卒向け就職活動。
2015年3月1日午前零時に、リクナビ2016、マイナビ2016といった
2016卒向け就職活動が解禁となり、いよいよ就職活動が本格的にスタートしました。

近年は就活解禁日の午前零時に各就活サイトにアクセスが集中し
サーバダウンするのが恒例となっているのですが、
今年もリクナビ、マイナビなど主要サイトが敢え無くダウン。
しかしながら、今年は数十分後にはアクセスできる状況になっており、
毎年の批判を受けてサーバ環境を改善したのでしょうか。




2016グランドオープン時のリクナビ、マイナビ掲載件数


昨年はマイナビがグランドオープン時の求人掲載件数がリクナビを抜き
「国内No1就活サイト」に躍り出ましたが、今年はどうなったのでしょうか。
企業掲載件数を早速チェックしてみました!

マイナビ2016/14450社 (昨対135% 2015:10696社)
リクナビ2016/11870社 (昨対:128% 2015:9222社) 
※2015/3/1 AM0時時点

今年もマイナビが掲載件数No1を維持し、リクナビとの求人件数の差をさらに広げています。
マイナビの勢いは今年も続きそうです。
また、両社とも掲載求人を昨年より大きく伸ばしている点にも注目です。
スケジュール変更で3か月後ろ倒しになったことも考慮しなければなりませんが、
2016年卒就職活動は企業の新卒採用意欲が昨年よりも高まっていると考えていいでしょう。

就職環境が改善傾向にあるとはいえ、今年の就職活動は例年よりも短期決戦。
就活生の皆さんは油断することなく、しっかり準備をして就職活動に臨んでください!


≪関連記事≫
『リクナビとマイナビの違いって何?』迷える就活生のための就活サイト徹底比較 特徴・評判まとめ

テーマ : ■就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

≪2017卒向け就活サイト比較≫就職・インターンシップサイトがグランドオープン!

リクナビ、マイナビなど就職・インターンシップの評判、特長の違いとは?

就職活動のスケジュール変更など、大きく変化がある新卒就活ですが、2015年6月1日に早くも2017卒業予定者向けのインターンシップ・就職情報サイトがグランドオープンしています。今年から就活スケジュールが後ろ倒しになったこともあり、新卒採用を行う企業各社はインターンシップにも力を入れ、実施回数を増やしているところも多くなっています。2017年卒の就活生はインターンシップに参加し、情報収集をしておいた方がいいかもしれません。

そこで、6月1日より大手就活サイトが軒並みグランドオープンとなりましたが、どのサイトに登録すればいいのか、わからないという方も少なくないでしょう。主な就職・インターンシップ情報サイトの特長など取りまとめたのでチェックしてみてください。

主なインターンシップ/就職情報サイトの比較

リクナビ2017
国内最大級の就活情報サイト「リクナビ」。インターンシップの掲載社数は就活サイト最多の3914社
SPI性格検査テスト、適職診断サービス「キャリフル」など就活準備に役立つサービスも充実。
企業数 :★★★★★
便利機能:★★★★★
読み物 :★★★★
イベント:★★★

マイナビ2017
リクナビと並ぶ国内最大級の就職サイトで、新卒採用情報に関してはリクナビをしのぐ掲載数を誇るものの、インターンシップ情報に関しては1245社(1736コース)と、リクナビの半分程度。全国でインターンシップイベントを開催予定。
企業数 :★★★
便利機能:★★★★
読み物 :★★★★
イベント:★★★★

キャリタス就活2017
日経就職ナビが今年からリニューアルし、キャリタス就活に。1249コースを掲載。日本経済新聞社・日経HRの協力のもと、企業研究系のコンテンツが充実。全国で「インターンシップ・就職イベント」を開催予定。
企業数 :★★★
便利機能:★★★★
読み物 :★★★★
イベント:★★★

外資就活ドットコム
外資就活希望者は定番のインターン・就活情報サイト。リクナビやマイナビに掲載されていない外資系企業の情報も。選考対策や企業・業界研究に関するコンテンツが充実。
企業数 :★★
便利機能:★★★
読み物 :★★★★★
イベント:★★

Goodfind
ロジカルシンキングやグループディスカッションといった選考対策、就職活動・キャリア構築に関する情報提供セミナーが充実。
サマーインターンシップの選考対策講座も開催。
企業数 :★
便利機能:★★
読み物 :★★★
イベント:★★★★★

理系ナビ2017
理系に特化した就職・インターン情報サイト。メーカーやITだけでなく、理系が活躍できる金融専門職やコンサルの情報も掲載。
企業数 :★★
便利機能:★★
読み物 :★★★★
イベント:★★★

みんなの就職活動
学生の口コミ情報掲示板としておなじみ「みん就」。他の人の選考状況やスケジュールを知るのに役立つ。大規模イベントも実施。
企業数 :★★
便利機能:★★★★
読み物 :★★★
イベント:★★







カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。