スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカウトメールは「ダイレクトメール」?

転職サイトに会員登録し、「スカウトメール」を受け取ったことがある方は多いのではないでしょうか?
一方で、このスカウトメール、『スカウト』という割に、

「スカウトメールに返信したら書類選考で落とされた」
「このスカウトメールがなんで自分に送られてきたかわからない」


といった声をよく耳にします。

そこで、今回はそのような疑問に応えるべく、
「スカウトメール」は本当にスカウトなのかを検証したいと思います!



●スカウトじゃなくてダイレクトメール

結論から言うと世にあるスカウトメールのほとんどは、
正しく呼ぶならダイレクトメールに近いものです。

世にいうスカウトメールとは年齢、職歴、希望勤務地といった
一定の条件に当てはまる方に対して一斉に送信し、

「当社の募集広告を見てください!できれば応募してください!(でも書類審査はします)」

というものでしかなく、書類審査の通過を保証するものでは全くないのです!

具体的にスカウトメールの一般的な仕組みを紹介してみます。


【スカウトメールが送信されるまで】

(1)人事担当者が人材の希望条件(年齢、職務経験、希望勤務地など)を
  転職サイトの営業担当に伝える。
   ↓

(2)転職サイトの営業担当が会員のデータベースを検索し、
  条件に当てはまる大まかな人数を人事にフィードバック。
  検索結果の人数に過不足があれば希望条件を緩めたり、
  逆に厳しくしたりすることで人数を微調整。
  ちなみにスカウトメールの一般的な商品設計では送信する人数は50~200名程度です。
   ↓

(3)条件に合致した対象者にスカウトメールを一斉送信。
  返信・応募してきた方は一般の求人広告を見て応募してきた方と同じく、
  書類審査があることが大半です。



転職サイト運営企業に対するクレームで多かったものの一つは、
「スカウトメールが来たのに書類選考で落とされるとはどういうことだ!」
というクレームです。そのお怒りはもっともです。。。

とはいえ、上記で紹介した仕組みでスカウトメールを送信しているので、
企業の人事担当者は一人ひとりのレジュメを全く見ていません。

「スカウトメールから返信で応募があったけど、書類をじっくり見ると面接をするまでもないな…」
という方が出てくるのは当然です。

そんな背景もあり、リクナビNEXTは数年前からスカウトメールという呼称をやめ、
オープンオファーという名前に変更しています。
いまだ「スカウトメール」という名称を用いている転職サイトも多いですが。


スカウトメールが名前負けしている現状をご理解いただけたでしょうか…
次回はダイレクトスカウトメールを沢山もらうコツなどを紹介します!

続き→≪スカウトメール送信企業が重視する項目ランキング ~スカウトメールをたくさんもらうコツ~≫






スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

スカウトメール送信企業が重視する項目ランキング ~スカウトメールをたくさんもらうコツ~

前回記事≪スカウトメールは「ダイレクトメール」?≫では、
スカウトメールがダイレクトメールに近いというお話をしましたが、
そうはいっても、多くの企業からスカウトメールが来るとうれしいものです。

今回は、企業がスカウトメールを送信する際、人数を絞り込むために
設定する項目で使用頻度が高いものをランキングしてみました。

下記項目を参考に、自身のレジュメを見直してみてください。
見直しようのない項目も多いかもしれないですが…



スカウトメール送信企業が重視する項目ランキング

【1位】 年齢
いまや求人広告では一部を除いて年齢制限はできないことになっています。
そのため、スカウトメールにおいては年齢の絞り込みが厳しくなっています。
最も多くスカウトメールが送られている年齢層は25~30歳くらい。
残念ながら40歳以上を設定した記憶は…ないです。


【2位】 勤務地・希望勤務地
まぁ、全国に拠点のある企業以外は設定します。
登録者が少ない地方都市を希望勤務地にしておくと結構メールが来ます。
地方にUターン、Iターンしたい方は是非。
「北海道その他(札幌市以外)」エリアはシステム上しょうがないかもしれないけど広い…


【3位】 現在の職種
スカウトメールが多く送られる職種は営業やシステムエンジニア。
サービス系やクリエイティブ系はあんまり来ないです。
傾向として営業は数の担保、エンジニアは質の担保を目的としてスカウトメールを
送信することが多かったです。ちなみに「希望職種」の項目は使われないことが多いです。


ランキング、この辺まではほぼ必須項目です。


【4位】 レジュメ更新日時
レジュメ更新日時とは、レジュメ(WEB履歴書)をいつ更新したかという項目。
転職活動が長期間に及ぶ場合、放置しがちですが定期的に更新したほうが吉です。
レジュメは更新してからの時間が経てば経つほど返信率が低くなるというデータもあったので、
企業はなるべく新鮮なレジュメから優先してスカウトメールを送信します。
できれば常に1カ月以内にキープしましょう。


【5位】 スキルシート
エンジニアであれば開発言語やクライアントの業種、営業であれば営業のスタイルや
マネジメント経験をチェックボックスなどで入力させる項目です。
入力がめんどくさいので、実は結構未入力の登録者が多く、
スキルシートで人材要件の絞り込みをかけたらほとんど人数がないということがしばしばおこります。
そのため企業側もあまりスキルシートの項目を使わないという悪循環に…


【6位】 現年収・希望年収
企業が年収で絞り込みをかける場合の意図は、自社の給与水準よりも
低い年収の人材を狙った方が高い返信率を見込める、という背景があります。
なので、あまり年収で見栄を張るとチャンスを逃してしまうかも…


【7位】 資格・免許
資格での絞り込みは業務に直結かつ希少性が高いものが大半でした。
一級建築士、技術士、薬剤師免許あたりが多かったです。
SEならオラクルマスターのシルバー以上とか。
この辺の資格を持っている人にはスカウトが殺到しています。




スカウトメールのランキング、いかがでしたでしょうか。
スカウトメールは自身の転職市場における価値を計るツールにもなりますし、
企業と出会うひとつのきっかけとして、このシステムを活用して
いただければと思います。

ところで前回、スカウトメールはほとんどダイレクトメールだというお話をしましたが、
一部転職サイトでは本当のスカウトに準ずるサービスを導入しているところもあります。
例えば、リクナビNEXTではプライベートオファーというサービスを行っており、
これは一人ひとりのレジュメを企業の採用担当者がしっかり見たうえで個別に
オファー用のメールを作成している「スカウト」に近いサービスです。
プライベートオファーは配信されている数も少ないので、もし受け取ったことのある方は
「市場価値の高い人材」と胸を張ってよろしいかと。







テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。