スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職サイトで事務職を検索したのに営業職が表示される裏事情

「人事職で絞り込み検索したのに、営業が出てきた!」
「一般事務で検索をかけたらサービス職も表示された!」


転職サイトでそんな経験をし、イライラしたことのある方は多いのではないのでしょうか。
今回は転職サイトの検索結果の裏事情についてお話します!


■こじつけられる職種設定

すべての求人広告には職種名(営業、エンジニアなど)が上の方に記載されていますが、
この他に、画面に表示されない職種コードなるものを求人広告に設定することができます。

職種コードとは法人営業、ネットワークエンジニア、WEBデザイナーなど、
転職サイト側が決めた職種のカテゴリーでリクナビなら約300種類あり、
ひとつの求人広告に2つまで職種コードが設定できるようになっています。

「職種から求人件数を絞り込みたい」ユーザーは転職サイトのトップ画面にある、
「営業」「エンジニア」「事務職」といったリンクをクリックして目的の職種の絞り込みを行うことになります。
リクナビNEXTを例に出すと、トップ画面の「職種から探す」欄の「技術系(ソフトウェア、ネットワーク)」を
クリックすると職種コードの「システムエンジニア(オープン系)」、「DBエンジニア」などがまとめて
表示されます。(もちろんさらに絞り込むこともできます)


この約300種類ある職種コード。
当然ですが求職者から人気があるもの、不人気のものがあります。

例えば、事務系職種が人気で、営業系がなかなか応募を集めづらいのが現状としてあります。
そこで、より多くの応募を集めるため、営業系の職種なのに事務系の職種コードを付ける
といったことが行われます。


このようなことが起こる背景は、以前の記事のとおりです。
→≪「未経験者歓迎!」の求人広告で歓迎されない『未経験者』とは?≫



■実際にあった、強引な職種のこじつけ

・営業なのに広報に設定
 屁理屈:自社の製品を顧客にプロモーションするので広報的な働きもある。

・営業なのに人事に設定
 屁理屈:人材派遣の営業なので人事的な要素もある。

・営業なのに販促企画
 屁理屈:自分で販促の方法を考えられるので販促企画。



営業職からバックオフィス系(事務系・クリエイティブ系)の職種コードにつなげる
パターンが多かったです。

「転職サイトの運営企業は何をやっているんだ!ガイドラインはないのか!」
と思われる方もいるでしょうが、掲載企業に『この仕事は事務もするよ』と
言われてしまえば、ガイドラインも型なしなのが現状なのです…

往々にして上記のようなごまかしを行う企業は、まともに求人を出しても人が集まりづらい
ブラック企業なんですけどね。


★映画公開決定!★
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない



スポンサーサイト

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

女性だけ(男性だけ)を採用したい求人広告を見抜く!

「女性(もしくは男性)しか採用してない求人」に応募してしまい、
無駄骨を折った経験はありませんか?

「男女雇用機会均等法」施行されてから表面上、男女差別はなくなりました。
しかし皆さんご存じのとおり、各種差別は日本の就職現場にいまだ存在しており、
求職者が問い合わせをすると「女性は取らないんだよ」「本当は女性が欲しいんだよね」と
悪意なく正直に話してしまう人事担当者は少なくありません。

男女雇用機会均等法は、女性の社会進出を促す一方で現実に十分即していない面もあり、
求人広告周りの採用現場に混乱を生じさせているという一面があります。

求人広告において、一部の例外を除いて男性のみ、もしくは女性のみを対象とした記載はできない
ことになっており、求人広告の制作者はあの手この手で特定の性別の求職者を多く集められる
記載方法を模索していました。

そこで今回は、男女いずれかのみを採用したい求人広告を見分ける方法をまとめてみました。
無駄打ちを減らし、効率的な転職活動にするため、ご参考いただければ幸いです。





■女性が欲しい求人広告の特徴
女性は比較的職場環境を重視する傾向が強いので、働きやすそうな環境や
職場の雰囲気を伝えることでPRする求人広告が多いです。

・写真に女性ばかり写っている
→画像編集が可能な場合、柔らかい印象を与えるパステルカラーで装飾したりします。

・「女性が多く活躍している職場です」
→事実を記載することは性差別ではないのでこの記載はOK
 女性比率や役職者数を記載することもあります。

・プライベート充実をアピール
 残業の少なさや休日制度について言及することで働きやすさを強調

・「結婚・出産しても長く働ける環境です!」
→育児休暇、出産休暇の制度についての記載や先輩女性社員の体験談などで女性に優しい環境を強調。

・職場の立地をやたらアピール
→「青山のおしゃれなオフィスで働きませんか?」
 「周囲におしゃれなカフェが多い原宿オフィス」
 某リサーチによると女性は勤務地にこだわる傾向が強いそうです。

・応募資格が短大卒以上
→高卒でなく、大卒でもなく、なぜ短大なのかを察すると…


■男性が欲しい求人広告の特徴
転職サイト利用者の6~7割は男性ということもあり、ほとんどの求人であえて「男性が欲しい」とアピールすることは多くありません。女性の立場から「男性を採用したい」企業を見分けるのはやや難易度が高いかもしれません。

自分が担当した求人広告であったのは「本来女性が多いと思われている職種・業界での求人で男性が欲しいとアピール」のパターンです。

・一般的に女性が多いと思われる職種に(男女)を付ける
→事務職(男女)、看護師(男女)など

・「男性が多く活躍しています!」
→化粧品メーカーやエステ業界など女性の志望者が多い業界であれば、男性の存在をアピールすることがあります。

・キャリアプランなどを強調
→男性が関心を持ちやすい、出世やキャリアプランなどについて明記し、アピールする



求人広告の現場についていえば、男女雇用機会均等法などの法制度は理想が優先して、
保護される側に対しても一概に有利に働いていると言えないのが現状です。
結局求職者、企業ともに効率的な採用活動ができなくなっただけで
男女差別の現状はそんなに変わってないんですよね。。。

男女差別と同じような問題として、年齢差別がありますがこれはまたの機会に。



■おまけ:求人豆知識■
男女雇用機会均等法により使うことができなくなった職種名など

×カメラマン → ○撮影技術者、カメラマン(男女)
×スチュワーデス → ○キャビンアテンダント、フライトアテンダント
×看護婦 → 看護師
×ビジネスマン → ○ビジネスパーソン


★ブラック企業の実情とは?★
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない





テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

時期ごとの求人掲載件数の裏事情~転職のベストタイミングは存在するか?~

転職を希望される方からの多い質問のひとつが、
「どの時期に転職したらいいのか」「求人が多い時期はいつか」
という『時期』に関する質問です。

もちろん、景気の変動によって求人の数は大きく変わります。
リーマンショックの際は求人掲載件数が前年比1/3~1/4なんて時期もありました。
とはいえ、長期的な景気動向を予測するのはプロでも難しく、数年単位で
転職のベストタイミングを指摘するのは非常に難しい。
アドバイスするとしたら、新聞やテレビなんかで「景気が良くなってきた!」
「求人数が増えてきた!」といった報道が出始めたらタイミングとしては悪くない、
といった程度でしょうか。

しかしながら、月単位、週単位で求人の多い時期、少ない時期といった傾向は存在します。


求人件数推移 1



全国の求人掲載件数の月単位での推移を見ていくと下記の傾向が見て取れます。
その背景にある、求人広告運営会社や企業の思惑を解説してみます。



●求人の多い時期、少ない時期

【1】8月、12月は求人が少ない
これは一言で言うと「夏休み」「冬休み」による求人媒体の「合併号」の影響です。
雑誌なんかも長期休暇に合わせて合併号があるように、求人誌はもとよりネットの転職サイトも
合併号があり、求人の更新が一週間お休みになります。当然その月に掲載される求人数は減る、
というわけです。12月は企業の採用意欲自体は低くはないのですが、総務部などが多忙なため、
採用に手が回らないという理由も多かったりします。

【2】1月~3月、9月~11月は比較的求人が多め
多くの企業が新年度を迎える4月、そして転勤や異動など組織変更が多い10月、年明けの1月。
このタイミングにあわせて中途人材の補充を検討する企業は多いです。前述した12月は例外として、
秋口から翌年の春先にかけて求人件数は増加する傾向があります。

【3】一年で最も求人が多いのは大抵3月
企業が4月入社を見据えて採用を行うという背景もありますが、実は求人広告を運営する企業の
営業的理由も大きいため、3月が一年で最も求人広告のボリュームゾーンとなります。
つまり、求人広告を運営する企業にとっても3月は年度末。営業は皆、売上目標の達成に必死となり
求人広告を売りまくります。掲載企業側の中にも今年度の予算を消化したいという思惑と一致する
場合もあり、そんな理由があいまって3月は一年で一番求人が多く掲載されるのです。

【4】一カ月単位で見ると、第一週は最も求人が多い
こちらも前述した求人広告運営企業の営業的理由の側面からです。月間の売上目標を達成するため、
最終週は営業が頑張って求人広告を売ります。月末が近くなるにつれ、営業の目の色が変わっていき、
予算計上の〆日ともなると、マネージャーは「目標達成するまで会社に帰ってくるな!」とか
言ったり言わなかったり。スカウトメールもこのタイミングで多くなりがちです。
※予算計上の関係上、当月の最終週が最も多くなる媒体もあります。



以上、求人広告掲載時期についての裏事情いかがでしたでしょうか。
ちなみに、転職希望者数の推移は年間を通じてそんなに変化がないので、
求人が少ない時期だと、当然採用の倍率は厳しくなります。ご参考まで。

テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

人材紹介・転職支援サービスの裏事情~人材紹介会社・キャリアコンサルタントの選び方~

「人材紹介」「転職支援」といったキーワードを転職サイトの中でも
目にすることが多くなりました。上記のサービスは旧来の転職サイトや求人誌
といった「求人広告」とは異なるものなのですが、みなさんはその違いを
理解しているでしょうか。

最近では転職サイトのスカウトメールの中に人材紹介会社への登録を勧める
メールが混ざっていたり、転職サイトの求人の中に人材紹介会社経由でないと
応募できない求人が混ざっているサイト(DODAやエンジャパンなど)があったり
するので、サービスの違いが良くわからないまま人材紹介会社に登録してしまう
方も少なくありません。うっかり応募して、人材紹介会社から「面談登録に来て
ください!」と電話をかけられて驚かれた方もいるかもしれません。

人材紹介・転職支援サービスは、その仕組みと特性を理解して活用すれば
あなたの転職活動を円滑に進めるサービスとなりますが、理解しないまま
なんとなく登録するだけでは、時間と労力を無駄にしてしまうだけになる
かもしれません。

今回は、そんな人材紹介・転職支援サービスの裏事情を解説します。



そもそも人材紹介サービス、転職支援サービスとは

ご存知のとおり、一般的には転職サイトの求人に応募した場合、その企業の
人事担当者が書類選考のうえ、その後の選考を進めます。
WEB上に掲載されている求人広告は大きく分けると、「企業に直接応募できる求人」と
「紹介会社経由でないと応募できない求人」に分けられます。
「企業に直接応募できる求人」は皆さんがイメージしている一般的な転職サイトの仕組みで、
WEBの応募ボタンを押したら企業から返信が来て選考が進んでいくというもの。
人材紹介会社を経由する求人の応募ボタンには「転職支援サービスで応募」とか
「人材紹介サービスに登録」とか書かれています。


■一般的な求人応募の流れ/通常の転職サイト・求人広告など
※転職支援サービス経由の応募に対して直接応募といわれる事も。

応募

応募した企業の人事担当者による書類選考

面接

内定


転職支援・人材紹介サービス経由の応募の流れ
※転職サイト内で人材紹介サービス、転職支援サービス経由と記載されている求人に応募した場合

応募

人材紹介会社に出向いて面談・登録

人材紹介会社の書類選考。
通過したら人材紹介会社が企業に推薦

面接

内定

といった違いが有ります。なにやらワンクッション増えてめんどくさそうですが、
それでも利用する価値はあるのか、人材紹介/転職支援サービスを利用するメリットと
デメリットを説明します。


●人材紹介/転職支援サービス経由で応募するメリット
・応募した企業の他にも、希望条件にマッチした求人があればコンサルタントが紹介してくれる。
・キャリアコンサルタントがキャリア相談や選考対策をしてくれる。
 応募企業に特化した面接指導や職務経歴書の添削などをしてくれる場合も。
 とはいえ、紹介会社やキャリアコンサルタントによってフォローの手厚さや技量はピンキリなので注意。
・企業との面接日時調整を代理でしてくれる。


●人材紹介/転職支援サービス経由で応募するデメリット
・人材紹介会社のオフィスまで面談・登録に出向かなければいけない。
・人材紹介外社内の書類選考で落とされる事も。
 たまに紹介会社の書類選考で落とされたのに、直接企業に応募したら採用されたなんて事もあります。
・悪徳人材紹介会社の場合ブラック企業をごり押しされる事も。
 本人の希望を無視してブラック企業をごり押しする紹介会社もあるので押しに弱い方は注意。 


人材紹介には、上記のような特徴がありますので、どんな人なら紹介会社を使うべきかというと、
「忙しくて自分で求人を探す時間があまりない」
「どんな企業に自分が向いているのか分からない」
「面接や職務経歴書のアドバイスがほしい」 といった方でしょうか。




人材紹介会社/キャリアコンサルタントの選び方・評価ポイント

1.自分が志望している条件の求人を沢山有しているかどうか。
 業界、職種、勤務地など、人材紹介会社によって得意分野があります。
 とりあえず全国規模で沢山求人を持っているのは多い順に、
 リクルートエージェントインテリジェンス(DODA)JAC です。

2.キャリアコンサルタントの能力
 人材紹介会社を利用する上で非常に重要なのが、あなたの担当となるキャリアコンサルタントの力量です。
 コンサルタントの能力が低ければあなたの経験やスキルを適性に評価できず、マッチした求人の紹介は
 難しくなります。人材紹介コンサルタントに必要な能力を上げると、

 ・業界のトレンドに通じており、転職希望者のスキルを適性に評価できること
 特に技術系専門職では、ある程度同業界の知識がなければ役に立たないので、コンサルタントを変えてもらいましょう。

・ゴリ押しではなく、転職希望者にとって最適な企業を紹介できる
 人材紹介企業は応募者が企業に入社することで初めて報酬が発生するビジネスモデルのため、
 転職希望者が行きたい会社より、入れそうな会社をゴリ押しするコンサルタントも存在します。
 自分の希望をしっかり汲んでくれているか、コンサルタントの都合を押し付けられていないか、
 注意しましょう。

・転職希望者の希望を汲み取りながら、建設的な提案ができる
 「あなたのスキルを活かせる仕事はこっちの業界(職種)にもありますよ」など、
 自分では気付かなかった選択肢を広げてくれる。こういったプラスαの提案ができる
 キャリアコンサルタントは当たりです。


人材紹介サービスというのは企業による差異もありますが、同じ会社でもキャリアコンサルタント
による差も非常に大きいのが特徴です。上記のポイントを踏まえて、満足いくサービスを受けること
ができなそうであれば、遠慮なく紹介会社およびキャリアコンサルタントを変更しましょう。

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

なぜハローワークにはブラック企業が多いのか?~ハローワークの裏事情~

「ハローワークで紹介された会社がブラック企業だった…」

公的な職業紹介所であるハローワークですが、「ブラック企業が多すぎる!」という
求職者の声は少なくありません。先日ついにこんなニュースが飛び込んできました。

ハローワーク、紹介先は「詐欺会社」 行政の情報共有なく

嘘をついて健康食品を販売した罪で日本健康促進協会の社員が有罪判決を
受けたのですが、違法行為が消費者センターに寄せられている間にも
同社の求人がハローワークに掲載され続け、求人を見て入社した社員も
有罪判決を受けたとのことです。

この健康食品販売会社だけでなく、過去には不動産や証券会社などでも
高齢者相手に無理やり不当な契約を強要するなどして刑事告発されている
ブラック企業の社員が複数存在しています。

上記のようなブラック企業では日常的に違法行為が当然のように行われているため、
そこで働いているうちに善悪の判断基準がおかしくなってしまい、いつのまにか
自分自身も犯罪行為に手を染めてしまう…ということが実際に起こりうるのです。

なぜ公的な職業紹介所であるハロワでそのようなブラック企業が跋扈してしまうのか。
今回はその裏事情を解説します。




求人の掲載基準が甘すぎるハローワーク

人材を採用したい企業がハローワークや転職サイトに出稿する場合、求人媒体を運営する
組織によって「掲載審査」というものが行われます。いずれの媒体であっても無条件で
どんな企業や職種でも掲載できるわけではなく、「企業が違法行為を行っていないか」
「最低賃金を下回っていないか」「業態に問題はないか(水商売やマルチ商法などでは
ないか)」といった審査項目をチェックされるのです。審査項目や掲載OKのラインは
媒体ごとに異なり、この基準がハローワークは他の媒体よりも緩いのです。

もちろん、転職サイトにもブラック企業は掲載されていましたが、ハローワークは
数と質ともにその比ではないブラック企業が混ざっている
という印象があります。
例えば、転職サイトでは社会保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)
でなければ掲載不可でしたが、ハローワークには社保完備でない求人が多数掲載されています。
また、私が在籍していた転職サイトでは求人を新規に掲載する企業については、必ず
一度事業所を訪問するなどして事業の実態があるのか確認することが推奨されていましたが、
ハローワークは企業担当者が申込書をハローワークに持っていけば掲載は可能となっています。

そのほかにも前述したように、ハローワークは消費者庁などと問題行為のある企業についての
情報連携がなされていなかったりという問題点が挙げられます。

そして、当然ですが掲載が無料という点もブラック企業を集めてしまう要因となってしまっています。
掲載が無料ゆえに、余裕のない零細ブラック企業やとにかくたくさんの人を集めたいブラック企業が
気軽に求人を出しまくっています。公共職業安定所なので求人掲載が無料なのは当たり前なのですが、
それであれば掲載審査を有料媒体以上にしっかりやらなければ無法地帯になってしまうのは自明です。
そのほかにも、無料ゆえに採用意欲の低い企業がとりあえず求人を出していたり、
助成金目当ての企業が求人を出していたりという話もしばしば耳にします。

では、企業視点から見てハローワークという採用手法はどうなのかというと、
これもあまり評価は高くありません。私が話をした人事担当者の多くが、「ハローワークは
応募者の質が低い」
という認識をもっていました。事実、大手有名企業で優秀な人材を求め
ている企業の求人をハローワークで見かけることはありません。ハローワーク担当者による
「求職者と企業のマッチングスキルが高くない」というのも一因かもしれません。

さらに、求職者視点から見てもハローワークの求人はそのほかの求職媒体と比較して情報が少なく、
ブラック企業かどうかを見極めづらいという問題もあります。

とはいえ、地域に密着した企業や採用予算があまりない中小企業を探す場合、ハローワークは
有力な求職手法であることは事実です。ハロワを利用する場合は、上記の現状を理解したうえで、
自身でしっかりと情報収集をしてブラック企業を見極めてください。

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。