スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人材紹介・転職支援サービスの裏事情~人材紹介会社・キャリアコンサルタントの選び方~

「人材紹介」「転職支援」といったキーワードを転職サイトの中でも
目にすることが多くなりました。上記のサービスは旧来の転職サイトや求人誌
といった「求人広告」とは異なるものなのですが、みなさんはその違いを
理解しているでしょうか。

最近では転職サイトのスカウトメールの中に人材紹介会社への登録を勧める
メールが混ざっていたり、転職サイトの求人の中に人材紹介会社経由でないと
応募できない求人が混ざっているサイト(DODAやエンジャパンなど)があったり
するので、サービスの違いが良くわからないまま人材紹介会社に登録してしまう
方も少なくありません。うっかり応募して、人材紹介会社から「面談登録に来て
ください!」と電話をかけられて驚かれた方もいるかもしれません。

人材紹介・転職支援サービスは、その仕組みと特性を理解して活用すれば
あなたの転職活動を円滑に進めるサービスとなりますが、理解しないまま
なんとなく登録するだけでは、時間と労力を無駄にしてしまうだけになる
かもしれません。

今回は、そんな人材紹介・転職支援サービスの裏事情を解説します。



そもそも人材紹介サービス、転職支援サービスとは

ご存知のとおり、一般的には転職サイトの求人に応募した場合、その企業の
人事担当者が書類選考のうえ、その後の選考を進めます。
WEB上に掲載されている求人広告は大きく分けると、「企業に直接応募できる求人」と
「紹介会社経由でないと応募できない求人」に分けられます。
「企業に直接応募できる求人」は皆さんがイメージしている一般的な転職サイトの仕組みで、
WEBの応募ボタンを押したら企業から返信が来て選考が進んでいくというもの。
人材紹介会社を経由する求人の応募ボタンには「転職支援サービスで応募」とか
「人材紹介サービスに登録」とか書かれています。


■一般的な求人応募の流れ/通常の転職サイト・求人広告など
※転職支援サービス経由の応募に対して直接応募といわれる事も。

応募

応募した企業の人事担当者による書類選考

面接

内定


転職支援・人材紹介サービス経由の応募の流れ
※転職サイト内で人材紹介サービス、転職支援サービス経由と記載されている求人に応募した場合

応募

人材紹介会社に出向いて面談・登録

人材紹介会社の書類選考。
通過したら人材紹介会社が企業に推薦

面接

内定

といった違いが有ります。なにやらワンクッション増えてめんどくさそうですが、
それでも利用する価値はあるのか、人材紹介/転職支援サービスを利用するメリットと
デメリットを説明します。


●人材紹介/転職支援サービス経由で応募するメリット
・応募した企業の他にも、希望条件にマッチした求人があればコンサルタントが紹介してくれる。
・キャリアコンサルタントがキャリア相談や選考対策をしてくれる。
 応募企業に特化した面接指導や職務経歴書の添削などをしてくれる場合も。
 とはいえ、紹介会社やキャリアコンサルタントによってフォローの手厚さや技量はピンキリなので注意。
・企業との面接日時調整を代理でしてくれる。


●人材紹介/転職支援サービス経由で応募するデメリット
・人材紹介会社のオフィスまで面談・登録に出向かなければいけない。
・人材紹介外社内の書類選考で落とされる事も。
 たまに紹介会社の書類選考で落とされたのに、直接企業に応募したら採用されたなんて事もあります。
・悪徳人材紹介会社の場合ブラック企業をごり押しされる事も。
 本人の希望を無視してブラック企業をごり押しする紹介会社もあるので押しに弱い方は注意。 


人材紹介には、上記のような特徴がありますので、どんな人なら紹介会社を使うべきかというと、
「忙しくて自分で求人を探す時間があまりない」
「どんな企業に自分が向いているのか分からない」
「面接や職務経歴書のアドバイスがほしい」 といった方でしょうか。




人材紹介会社/キャリアコンサルタントの選び方・評価ポイント

1.自分が志望している条件の求人を沢山有しているかどうか。
 業界、職種、勤務地など、人材紹介会社によって得意分野があります。
 とりあえず全国規模で沢山求人を持っているのは多い順に、
 リクルートエージェントインテリジェンス(DODA)JAC です。

2.キャリアコンサルタントの能力
 人材紹介会社を利用する上で非常に重要なのが、あなたの担当となるキャリアコンサルタントの力量です。
 コンサルタントの能力が低ければあなたの経験やスキルを適性に評価できず、マッチした求人の紹介は
 難しくなります。人材紹介コンサルタントに必要な能力を上げると、

 ・業界のトレンドに通じており、転職希望者のスキルを適性に評価できること
 特に技術系専門職では、ある程度同業界の知識がなければ役に立たないので、コンサルタントを変えてもらいましょう。

・ゴリ押しではなく、転職希望者にとって最適な企業を紹介できる
 人材紹介企業は応募者が企業に入社することで初めて報酬が発生するビジネスモデルのため、
 転職希望者が行きたい会社より、入れそうな会社をゴリ押しするコンサルタントも存在します。
 自分の希望をしっかり汲んでくれているか、コンサルタントの都合を押し付けられていないか、
 注意しましょう。

・転職希望者の希望を汲み取りながら、建設的な提案ができる
 「あなたのスキルを活かせる仕事はこっちの業界(職種)にもありますよ」など、
 自分では気付かなかった選択肢を広げてくれる。こういったプラスαの提案ができる
 キャリアコンサルタントは当たりです。


人材紹介サービスというのは企業による差異もありますが、同じ会社でもキャリアコンサルタント
による差も非常に大きいのが特徴です。上記のポイントを踏まえて、満足いくサービスを受けること
ができなそうであれば、遠慮なく紹介会社およびキャリアコンサルタントを変更しましょう。

スポンサーサイト

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。