スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナビがリクナビの掲載件数を抜いて国内No,1就活サイトに!

今年も12月1日に新卒採用情報が解禁となり、リクナビ、マイナビをはじめとした
主要就活サイトが一斉にグランドオープンとなり企業情報を公開しました。
今年も各サイトのオープン直後に就活生のアクセスが殺到。リクナビ、マイナビ
ともに未明頃からサーバダウンし、もはや恒例行事になりつつあります。


■グランドオープン時点(2013年12月1日)の掲載社数

リクナビ2015 9222社(昨年比126%/2014:7,333社) 
マイナビ2015 10696社(昨年比153%/2014:6,972社) 


今年のメイントピックは、マイナビがはじめてリクナビの掲載社数を上回ったこと。
2013年12月1日のグランドオープン時点で、リクナビの掲載社数が9222だったのに対し、
マイナビが10696社となり掲載件数No,1となりました。
マイナビはよほどうれしかったようで掲載企業数No1プレゼントキャンペーン
早速展開するなど、大盛り上がりのようです。
とはいえ、これまでトップに君臨してきたリクナビがこのまま大人しく引き下がるとは
おもえず、今後の巻き返しが予想されます。

さらに注目すべきは、両サイトとも今年は掲載社数を大幅に伸ばしているということ。
昨年グランドオープン時の掲載社数はともに7000社程度だったのですが、リクナビ、マイナビ
ともにそれぞれ約1900社、3700社も上乗せして来ています。
2015卒採用では企業の採用意欲は非常に高く、それが顕著に表れる結果となりました。
学生によると、初日からメールボックスに100通オーバーのWEB-DMがぶち込まれているようで
もうおなか一杯状態だそうです。ちなみにマイナビは250通オーバーだそうです。
とても読み切れませんね。

この状況から予想されるのは、今年は掲載企業にとって学生を集めることが非常に難しく
なるであろう
ということ。中堅以下の知名度のない企業は、リクナビマイナビに掲載した
だけではおそらく期待した応募者を集めることは難しく、かといってダイレクトメールなどの
追加施策を打っても例年ほど効果を期待できないでしょう。

学生にとっては吉報ですが、採用企業にとっては頭の痛い就活スタートとなりました。
リクナビとマイナビの熾烈な競争とともに推移を見守りたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。