スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職サイトにカラ求人はあるのか?/架空求人の裏事情

カラ求人が跋扈する人材紹介や派遣の求人サイト

厚生労働省が悪質求人サイトの規制に乗り出し、転職サイトの登録制を検討しているそうです。

悪質求人サイトを規制 厚労省、登録制の導入検討 (日経新聞電子版 2014/6/26)

日経新聞によると、ネットで仕事探しをする人が増えていることを受け、
厚労省は架空の求人案件で登録者を集めるような悪徳業者に事業停止や廃止を
命令できるようにするとのこと。

実際今年3月には、カラ求人をネットに載せて登録者を集めていたとし、
架空求人に関しては国内で初めて岡山県の人材派遣会社に事業停止命令を出しています。

「ハローワークはカラ求人が多い」とよく言われていわれるが、転職サイトにもカラ求人があるのか…

と思われた方も多いかもしれませんが、
私が知る限り大手の転職サイトに関してはカラ求人はほぼありません
リクナビNEXTやマイナビ転職といった一般的な転職サイトは、
掲載したらその会社の人事が応募者の対応をしないといけないので、
カラ求人なんぞに付き合っている暇はないのです。

社名非公開の求人情報の信頼性は…
厚労省が今回問題視しているのは、人材紹介会社や派遣会社が運営している
求人サイトがターゲットとなっていると思われます。
というのも、人材紹介会社や派遣会社が運営している求人サイトの掲載案件は
社名が非公開の場合が多く、その求人が本当に募集中なのか、
一般の求職者には確かめるすべはありません。

しかしながら、人材紹介や派遣会社は、給与待遇などが良い優良案件を多く掲載すれば、
それを目当てに登録する求職者が増える
ので非常にありがたい。
とはいえ、そういった優良案件はすぐに人が決まってしまいます。

それゆえ、すでに求人募集が終わってしまった案件や存在しない案件を
「見せ案件」として掲載してしまう人材紹介・派遣会社は少なくないのです。
そして、実際にその優良求人目当てに登録してしまった求職者が登録・面談に来たら
「すでに決まっちゃったんですよ~」と人材会社の担当者は言ってほかの求人を勧めるのです。
一部の不動産屋みたいなものですね。

なので、ピンポイントの求人目当てで人材紹介会社や派遣会社に登録するのはあまりお勧めしません。
社名非公開の求人情報はあればいいなくらいの気持ちで見ておいてください。

スポンサーサイト

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。