スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪時事ニュース≫ リクナビNEXT掲載料金の大幅値下げ。最大7割引!

新年早々、求人広告業界は波乱の幕開けとなりそうです。
リクルートのリクナビネクストが、2010年1月より求人掲載料金の大幅な値引きを発表しました。
リクルートは、これまで個別対応で値引きを行うことはあったものの、
公式に価格を改定するのはリクナビNEXTを立ち上げて以来初めて。

「値引きをしない」と言い続けてきたリクルートが、低価格競争への参入を明言することで
エンジャパンやマイナビ転職など他サイトの追随は避けられないでしょう。

求人広告市場はさらなるデフレ競争に陥ることは必至です。

しかし、最大7割引・・・
いままでの価格設定は何だったんだろうか。。。
恐るべき利益率です。


さて、求職者視点で気になるのはこの値引きによって、求人広告の掲載件数が増加するか否か、
という点でしょうが、リクナビNEXTに限って言えば、ある程度の案件増加は期待できるでしょう。
まぁ、求人の絶対数が増えるわけではないのですが。。。


関連記事:≪求人広告の掲載料金はいくらかかるのか ~転職サイトの料金表・価格表 リクナビNEXT、エンジャパン、マイナビ転職~≫


追記(1/7)
改定価格の詳細を確認しました。
こんな感じでした。

2週間掲載価格→旧価格の2~3割引
4週間掲載価格→旧2週間掲載価格つまり約5割引


ということで、純粋な値引きと言うよりも掲載期間を長くするから
販売価格を何とか維持したいとの意図が透けて見えますね。。。
求職者にとってリクナビNEXTは、掲載されている企業の回転が速いというのが、
魅力の一つだったのですが、これでは他サイトと変わらなくなりますねー
一時的に掲載件数は増えるでしょうが、採用活動を終了してしまった企業が
掲載されたままになっているなど副作用がおきるでしょう。

余談ですが、求人広告への応募は最初の一週目に応募者数が最も多く
かつ優秀な人が来ている確率が高かったように感じます。
あまり長く求人広告を掲載しても、期待する効果を得られることは少なかったです。

-----------------------------------------------------------
リクルートの転職サイト、求人広告の掲載料最大71%割引に
リクルートは運営する転職サイト「リクナビネクスト」の求人広告掲載料金を大幅に引き下げる。
広告主である企業の採用活動の冷え込みに対応する。1月から最大71%割引になる新料金体系を導入する。
最大手のリクルートが低価格戦略に踏み切ることで転職サイトのシェア争いが激化しそうだ。

掲載料金は原稿の大きさや写真の数などで5段階に設定されている。
新規顧客向けには2週間の掲載期間を4週間に延ばし、1段階下の料金を適用する。通常70万円が20万円になる。
また高価格帯の求人枠を買う企業には、トップ画面に近い通常120万円のバナー広告を無料で提供する。
新料金は1月21日―4月1日の掲載分が対象で、年明け5日に営業開始する。

(引用 1月1日 日経新聞)
------------------------------------------------------------


★人事担当必読の求人指南書★
『超求人成功法 ~あなたの会社に人が集まる51の知恵~』
★転職に役立つマンガ『エンゼルバンク』ドラマ化決定!★
エンゼルバンク ~ドラゴン桜外伝~
★オススメ情報★
『ニンテンドーDSゲーム福袋 数量限定で発売中!』


テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。