スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年収例 1000万円以上! ※但し成績上位5%に限る

転職サイトで威勢の良い年収例・年収モデルをよく見かけます。
「転職サイトの年収例は信用できるのか?」という質問をよくされますが、
「掲載企業の良心による」というのが自分の正直な感想です。

年収例はあくまで「例」でしかなく、掲載企業がその金額を「払う」と言えば
運営側としては掲載せざるをえません。

「年収例」は、求人広告において極めてフリーダムな項目なのです。
今回はそんな年収例、年収モデルの掲載で悪質な事例をいくつか見ていきましょう。



●よくある危険な年収例

【1】極めて特殊な年収例を取り上げている。
給与の多くをインセンティブや歩合といった成果給によっている企業に多く見られます。
具体的には、個人向け営業(通信・先物・不動産・シロアリ駆除など)やタクシー運転手などが顕著。

少し前は投資用マンションの営業が盛んでしたが、最近多いのはオール電化システムや
太陽光発電システムといった家庭向けエコ製品を扱う代理店営業です。

この類の企業では、実際にモデル年収どおりの金額を受け取っている社員は
極めて限られた人数であることが珍しくありません。

会社平均より上位の成績を残している社員の給与例を取り上げるというのは大前提で、
酷いところでは成績上位数%の社員や、トップ営業マンの給与例を掲載する企業もあります。


「年収1000万以上!」というあおりで広告を出している企業は、本人がハマれば稼げるというのは事実です。
ただ、その下に多くのしかばねが埋もれていることを忘れないでください…


【2】そもそも存在しない年収モデルを取り上げている。
年収例はあくまで「例」なので、ほとんどの転職サイトではその支給金額をもらっている社員が
実在していなくても掲載することは可能です。

例えば、社内に20代後半の社員がいないため、今回採用する人材向けに
自社給与制度をもとにして20代後半の年収例を算出する。これは全く問題ありません。
しかし、これを逆手にとって、あり得ない金額を年収例で提示する企業が散見されます。

残念ながら、現状では転職サイト上で年収例の虚偽申告を制限することは難しいです。
しかし、給与制度(月収もしくは年俸)における最低支給金額を明示することは
労働法によって定められていますので、最低限の給与ラインは確認できるはずです。

支給給与の保障については次回詳しく述べます。


【3】ものぐさと手違い
例えば、エンジニア職の募集なのに営業職の年収例を提示している。
契約社員の募集なのに正社員の年収例を掲載している。

といった事例があります。この場合は意図的に年収例を「偽ろう」という意識があるわけではなく、
「前回掲載した広告を流用した」「手近にあった年収例を入れてみた」といった背景があり、
企業担当者のものぐさやミスに起因するものです。




それでは「年収がいくらになるか、面接を受けるまでまったく見当がつかないの?」と思われた方。
そうはいっても、給与欄や福利厚生欄をつぶさに見ることで一定の予想をすることは可能です。
以下次回。

≪残業手当、昇給、賞与も要チェック! 給与欄の見方≫





テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。