スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチンコで転職・求人サイトランキング2012 (元求人業界在籍の管理人が損得抜きでおすすめ)

WEB上には「転職・求人サイトランキング」が数多く存在しています。
しかし、転職サイトランキングが広告で埋め尽くされていて
あまり聞いたことのない微妙な求人サイトが一位になっていたりと

「これらは公正な視点で比較された転職サイトランキングなのか?」
と、些かの胡散臭さを感じている方も多いのではないでしょうか。

そのような転職・求人サイトランキングがはびこる現状に違和感を覚えた
元求人広告業界在籍の管理人が、ひいき目なしの転職・求人サイトランキングを制作し、
各転職サイトを独自の視点で徹底比較、評価してみました。

転職情報サイトを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです!

■元求人広告業界の管理人おすすめ転職・求人サイトランキング

【第1位】 リクナビNEXT 18ポイント
〈1〉掲載求人数 ≪5≫
〈2〉情報の信頼性 ≪4≫
〈3〉情報鮮度 ≪5≫
〈4〉使いやすさ ≪4≫
※平均求人掲載件数 約1000件

総合力で一歩抜けているのはリクナビNEXT
ほかの転職サイトの広告掲載期間が4週間の中、リクナビNEXTは2週間という掲載期間で
トップクラスの掲載件数を維持しています。幅広いエリア、職種をバランスよくカバーし、
掲載基準も厳しいので安心して利用することができるサイトです。
最近は掲載求人件数がやや低迷気味ですが…



【第2位】 マイナビ転職 16ポイント
〈1〉掲載求人数 ≪5≫
〈2〉情報の信頼性 ≪3≫
〈3〉情報鮮度 ≪4≫
〈4〉使いやすさ ≪4≫
※平均求人掲載件数 約1200件

新卒向けサイトでの取引があるためか比較的大手企業の掲載が多い転職サイト。
エリアでは西日本の企業が多数掲載されているほか、職種ではクリエイティブ系、
公務員系の案件がよく掲載されている。地方自治体とのコラボ企画をしばしばやっており、
Uターン、Iターン就職を希望する方は登録必須です。
この景況下おいても堅実に求人件数を集めています。
また、アダルト系の企業にも強い!?



【第3位】 エン・ジャパン 15ポイント
〈1〉掲載求人数 ≪3≫
〈2〉情報の信頼性 ≪5≫
〈3〉情報鮮度 ≪4≫
〈4〉使いやすさ ≪3≫
※平均求人掲載件数 約1000件

求人情報の正確さにこだわっている印象が強いエンジャパン。
ほかのサイトのような写真やビジュアルを重視した広告がなく、テキスト中心の硬派な
構成が特徴で、広告からは比較的多くの情報を得ることができます。
求人の掲載は基本4週間単位ですが、1週間単位でも掲載できるようになりました。
売り上げは大丈夫なのでしょうか。
職場風景動画は…みんな見てるんでしょうか?
最近は求人掲載件数が激減してますが、リストラしすぎた?



【第4位】 @type(アットタイプ)  13ポイント
〈1〉掲載求人数 ≪3≫
〈2〉情報の信頼性 ≪4≫
〈3〉情報鮮度 ≪3≫
〈4〉使いやすさ ≪3≫
※平均求人掲載件数 約700件

エンジニア系全般に強い@type。
IT、ベンチャー企業がメインに掲載されています。
女性向けの専門求人サイト『女の転職@type』もあります。


【第5位】 DODA(デューダ) 10ポイント
〈1〉掲載求人数 ≪3≫
〈2〉情報の信頼性 ≪3≫
〈3〉情報鮮度 ≪3≫
〈4〉使いやすさ ≪2≫
※平均求人掲載件数 約500件

人材紹介会社インテリジェンスが運営する求人サイト『DODA』。
30代以上の方には求人誌でおなじみですが、求人誌のほうは休刊になりました。
インテリジェンスに人材紹介登録(インテリジェンスの拠点に訪問して紹介登録手続き
が必要)をしないと応募できない求人があるので注意。大手企業に強い。


【第5位】 Find job(ファインドジョブ) 10ポイント
〈1〉掲載求人数 ≪3≫
〈2〉情報の信頼性 ≪2≫
〈3〉情報鮮度 ≪3≫
〈4〉使いやすさ ≪3≫
※平均求人掲載件数 約500件

クリエイティブ、IT系職種に強い。
一部掲載広告は募集企業の人事担当者が作成しており、
たまに情報がスカスカな求人がある。
掲載基準もややゆるめ?


以上、いかがでしたでしょうか。
ちなみに、転職サイト内で「うちのサイトが転職サイトランキング1位です!」って
広報しているサイトが複数ありますが、アレはそれぞれのリサーチ会社が
独自の指標で勝手にランキングを作成しており、評価基準もバラバラなので
ナンバーワンサイトが複数生まれてしまっているのです。

※リクルートエージェント、パソナキャリアなど人材紹介会社が運営している
求人サイト的なものがありますが、これらサイトに掲載されている求人に応募するためには
人材紹介会社への登録が必要となります。
今回はこれら紹介会社が運営している求人サイトは取り上げていません。



【補足:転職サイトの比較・評価基準】
評価基準は「掲載求人数」「情報の信頼性」「情報鮮度」「使いやすさ」の4点。
5段階評価で採点し、ポイント数に応じて順位を付けました。

掲載求人件数 > 情報の信頼性 > 情報鮮度 >サイトの使いやすさ
左の項目ほど重視し評価しています。

・掲載求人数→掲載されている求人の件数です。
サイトによっては同一案件を複数カウントして水増ししていたり、
検索ロボットが一般のHPから拾ってきたりしているものもあるので注意。
今回掲載した平均掲載件数は、実際に掲載されている件数ベースで算出しています。

・情報の信頼性→しっかりとした掲載基準を持ち、怪しい会社を掲載したり、
待遇・福利厚生に誇張や虚偽記載をしたりしていないか。
ちなみに大手転職サイトでは各種社会保険を完備し、
休日を4週4休以上設定していないと掲載が不可能です。
また、風俗やマルチ商法など特定業種も掲載不可能となっています。
この数値が高ければ、ブラック企業の掲載は少ないはず?

・情報鮮度→常に新しい案件を掲載し、案件の入れ替わりがあるかどうか。
採用が終わった企業の広告がずっと掲載されていることはないか。
求人広告の掲載期間が短いサイトほど採用意欲の高い企業にあたる可能性は高いです。
掲載期間が長いサイトだと「応募しても返事が来ない」なんてことも起こりがち。

・サイトの使いやすさ→条件検索のしやすさ、画面の見やすさ、便利な機能などについて


もちろんあなたの希望する職種や居住地域によって、上記のサイトが最適とは限りません。
自分がどんな使い方をしたいかを考え、最もマッチした転職情報サイトを見つけてください!





テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鮮度や求人数はともかく
倍率が高すぎたら役に立たなくないですか?

Re: No title

確かに利用者が多い転職サイトは採用倍率が高くなりがちですが、
得てして利用者の少ないサイトの多くは、サイトとしての魅力が
少ない場合が多いです。なかには、掘り出し物のサイトもありますが、
そういったサイトから自分にマッチした求人を探し出す労力を
考えるとあまりお勧めはできないかと・・・
カテゴリ
人気記事ランキング
プロフィール

Chibinowa

Author:Chibinowa
大手転職サイトで数百本の求人広告を制作。乳牛飼育スタッフから外資系ITコンサルまで、幅広い業界・職種の求人広告を担当。ものづくりエンジニアの話を聞くのが好き。ブラック企業評論家。
ブラック企業に騙されない!転職サイト・求人広告の裏事情 Twitter公式アカウント

最新記事
おすすめ情報




最新コメント
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
リンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。